ロイヤルベビーマッサージ教室は~てぃたいむ

« 2011年7月24日 - 2011年7月30日 | トップページ | 2011年8月7日 - 2011年8月13日 »

2011年7月31日 - 2011年8月6日

乳歯が抜けた!

子供の頃の歯は「乳歯」と呼ばれますが、乳歯は5~6歳前後に永久歯へ生え変わっていきますeye

我が家の長男も先日2本目が抜け、1本目の永久歯が生え始めてきましたhappy01

乳歯の構造は歯ぐきより下にある「根」の部分と、歯ぐきより上にある「歯冠」の部分に分かれていますpaper

乳歯が抜ける時、その根の部分がある状態の場合と、根が折れた状態の場合がありますthink

Photo 左の写真で長いものは根のある状態、短いもの(左端)は根のない状態ですeye

根のある状態で抜けた場合は問題ないのですが、根がない状態で抜けてしまった時、心配が残りますねbearing

こんな場合は、お子さんによって様々な状態が考えられますから、インターネットなどを観ることによる自己判断ではなく、歯医者さんへ行って相談していただくことをオススメしますconfident

考えられるトラブルとしては、根が歯ぐきの中に残っていて、永久歯が生えてくるのを邪魔してしまい、歯並びに影響してきてしまう場合もありますcrying

ご参考にされてみてくださいねshine

ブログアクセスランキングに参加しておりますhappy01

にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ
にほんブログ村

upupupをクリックしていただくことで、歯磨き講座きらりんの人気もアップしますhappy01

親知らずの痛み

夏の気温差、節電の影響からの勤務体系の変化などから、体の疲れがたまってしまい、免疫力が低下している方も多いのではないでしょうかbearing

今日は、そんな時に多くの方が悩まされる親知らずの痛みについてお話しますflair

Photo 左図を見てみてくださいeye

親知らずは、奥歯のさらに奥側に生えてきますが、多くの場合、アゴの骨の状況から親知らずが生えてくるスペースに限界があり、横向きになって中途半端に生えてきてしまう場合がありますcrying

そうすると、一番奥歯と親知らずの間には隙間が出来てしまい、食べかすや歯垢などが挟まってしまい、さらには、歯磨きをしずらい環境となってしまいますwobbly

食べかすや歯垢は口腔内細菌と凶暴し、炎症の原因となってしまいますsad

さらには、疲れや体調不良から免疫力が低下しているような場合は、その痛みが強くでてしまう場合もありますweep

こういったことを防ぐために、抜歯という方法もありますが、なんらかの原因で抜歯が出来ない場合は、痛み止めを飲むことでの消炎の他に、親知らず周囲の衛生状態も良好に保ことが必須となりますpunch

Photo_2 奥歯でも、指で頬をよけながら歯磨きを行うことで、いつもよりも念入りに歯磨きをすることができますeye

さらに、特殊な形の小さめの歯ブラシによって、より細かく磨いていくことも出来ますPhoto_3 eye

上記の内容では、参考程度にしていただき、痛みが出た場合は、必ず歯科医院への来院をオススメしますsign01

ブログアクセスランキングに参加しておりますhappy01

にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ
にほんブログ村

upupupをクリックしていただくことで、歯磨き講座きらりんの人気もアップしますhappy01

« 2011年7月24日 - 2011年7月30日 | トップページ | 2011年8月7日 - 2011年8月13日 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ウェブページ